岩崎学園

塾情報


8)2018年塾報「かがやき」




「6月号」

新入生の皆さん入塾後、2か月がたちました。練習は、てほどきAが終わった人が出てきました。次は、てほどきBに行きます。2冊の学習で検定8級程度の見取算を身につけます。何か気がつきましたか。表紙に面白いラベル用紙が貼ってあるでしょう。教材の進度表です。個々により進度が違います。先生が「あなたは、今日どこからやるのかなぁ?」という探す動作をやっていたのでは、時間の無駄遣いです。練習時間を削ってしまいます。この表紙を見た瞬間にどこからやるか生徒自身もわかりやすくするため作りだしました。もちろん先生の指導日誌にもいろいろメモしてあります。全員の弱点を頭の中に入れてあります。
◆そろばんの玉をイメージするニーズ教材をはじめました。
◆やさしいフラッシュ暗算にも時々挑戦しています。
◆そして時々H30年新版九九チェック教材(チャレンジ九九W)を使っています。4と7の音でのかん違い、間違って覚えている九九があります。修正していきたいと思います。×算・÷算を早く習得するのは、九九をしっかり覚えている事が一番大切です。「100問(全問正解)を何分何秒でできるか」を目標にしています。即答できる九九をしっかり覚えましょう。
☆新中学1年生の皆さん…部活で大変ですが、この生活リズムに慣れるまでの辛抱です。(せんぱいもそうでしたよ)
◆交通事故にあわないように気をつけてください。

2018年全国あんざんコンクールについてのご案内

《日珠連主催 日本商工会議所後援》 サーキット練習の成果をコンクールで試しませんか? 
 新潟県は、通信大会制度をとっていますので各教室で実施できます。授業時間中に大会問題をやって全国順位を競う大会です。ぜひ参加してみてください。(申し込みをした人は、教室で事前練習を数回します。)
【表彰】 全員に参加賞・特製参加カード・金銀銅の表彰(各県)。部門ごとに全国1位から100位までを全国表彰。
★参加希望の場合は、参加費1,000円を封筒に入れて部門・氏名を書いて6月1日(金)までに提出してください (推薦者には申込書をお渡しました)
昨年度は、残念ながら新潟県1は取り逃がしました。小学校6年生の部2位未来さんが最高位で、その他各学年で3位入賞者多数でした。新潟県1めざしてチャレンジしましょう。


『NHK総合テレビ 土曜日午後6時5分・・・そろばん侍について』
5月19日から放映開始のNHK土曜時代劇「そろばん侍 風の市兵衛」見ましたか? 剣術の代わりに、そろばんの腕前が主役の新しい時代劇です。第1回から、テンポの速い展開で、今後が楽しみです。向井理の凛々しいそろばん場面も好感が持てますよ!(向井さんは、そろばん経験がないそうです。「×算のシーンは苦労した」と言っていました。)これから数週間続きます。週末の楽しみが増えました!

暗算1日特訓県合同練習会 「それいけパチパチ練習会」
6月17日(日)今回は小池教室5年生以上 暗算大好きメンバーに案内をお渡ししました。(岩崎の車で送迎するため・・・限定人数で済みません)


第72回新潟県珠算選手権大会 ~30年5月13日
主催 新潟県商工会議所  新潟市で開催されました。
ジュニアの部 小6年 有紗さん・スクールの部 中1 未来さん ふたりが出場しました。有紗さんは、教室の練習点より良い自己ベストの点数を出す事が出来ました。未来さんは、中学・高校共通の部で見事読上算5位入賞を勝ち取りました。


【4年生2月末入塾…今は5年生…その後】
昨年2月21日に4年生が入塾してくれました(現在6年生)。2週間でたしざん・ひき算の基礎テキストを2冊終了しました。3月に珠算・暗算W1級合格しました。4月22日・5月13日の大会の選手に選出しました。入塾1年で6年生の部出場する初めての生徒です。暗算段位は、2段の点数をたたき出しています。5月には、珠算・暗算段位検定を受験します。4月22日の県大会では、個人総合・読上算・読上暗算・フラッシュ暗算全4部門で入賞。5月には、珠算・暗算段位検定を受験しました。6月は、日商検定1級にチャレンジ。6月17日には、長岡での暗算合宿に参加予定。7月には、全国あんざんコンクールにチャレンジ。彼女のやる気は、疲れ知らず。※5年生から習っても遅くない!  彼女に壁は訪れるのか? 次号につづく?
これからの改良点(直すとよいと思う点)
力を抜くという課題がだんだん良くなってきました。(リズム&音)
見取算の1口計算飛ばしをしないようにしましょう。
なぜ彼女に今まで塾報に掲載してきた理由は、努力を積み重ねればみんなもこうなる可能性があるからです。

※5年生から習っても遅くない! 


「5月号」
新入生の皆さん1か月の練習が終わりました。進みが早いのにびっくりしています。このまま指導した事をしっかり身につけ暗算脳力エリートをめざしてください。昨年入塾された人の暗算の上達具合すばらしいです。「珠算問題と暗算問題がリンク(同じ)している」という不思議な現象が発生しています。6級÷2桁を完全に習得すると、1つの壁を乗り越えた事になります。そしてこれが暗算でできれば2級程度です。1年間の学習で×・÷暗算は2級生も現実のものになりました。頭の中に数字で計算している人は、この先上達するのは苦しく・険しい道のりになります。頭の中のそろばんの玉をしっかりイメージして計算しましょう。それが脳力エリートに入る人たちです。◆自転車で通塾する人が多くなります、交通事故にあわないように気をつけてください。

◆4月22日(日)第54回県下珠算塾対抗兼学年別競技大会・第37回全国大会選手選抜会が三条市 燕三条地場産業センター リサーチコアで開催されました。  
全総合団体 岩崎学園 2等  3年生の部 暖人(優良賞) 
4年生の部 衣桜(優良賞・フラッシュ暗算入賞) 彩雲(優良賞)
5年生の部 あいか(個人総合&読上暗算3等) 千晶(優良賞)
6年生の部 有紗(個人総合&読上暗算3等・読上算2等・フラッシュ暗算入賞) 
             英里(個人総合3等) 美々(優良賞) 友菜(個人総合3等) 侑咲(優良賞)    
※3年生冬・4年生・5年生での入塾が多い6年生…がんばりました
中学生以上の部 郁万(個人総合&読上暗算3等) 真奈(優良賞)
                 達也(個人総合3等) 未来(個人総合3等・フラッシュ暗算入賞)
大会初出場が6人  たくさん賞状を持ちかえってくれました。 





第72回新潟県珠算選手権大会 ~30年5月13日
主催 新潟県商工会議所  新潟市で開催されます。選手決定。
ジュニアの部 小6年 有紗さん スクールの部 中1年 未来さん
入賞者が少ない大会です。しっかり練習時間を確保している、また積極的に自宅でも練習している2名にしました。いろいろな経験を積む、財産になります。


【4年生2月末入塾…今は5年生…その後】
昨年2月21日に4年生が入塾してくれました(現在6年生)。2週間でたしざん・ひき算の基礎テキストを2冊終了しました。3月に珠算・暗算W1級合格しました。4月22日・5月13日の大会の選手に選出しました。入塾1年で6年生の部出場する初めての生徒です。暗算段位は、2段の点数をたたき出しています。5月には、珠算・暗算段位検定を受験します。
※5年生から習っても遅くない! 
彼女に壁は訪れるのか? 次号につづく?

~29年2月21日入学→1年後W1級合格

彼女の検定試験進度を少し振り返ってみましょう。
~29年 5月 珠算6級 満点合格・暗算6級  合格
~29年 6月 珠算5級 満点合格(日商検定)
~29年 7月 珠算4級 満点合格・暗算準3級 合格
~29年  9月 珠算3級 合格・暗算準2級 合格 
~29年11月  珠算2級 合格 ・暗算2級 合格
~30年1月  珠算準1級 合格・暗算準1級 合格
~30年3月  珠算1級 合格・暗算1級 合格
~30年5月 珠算段位(初段以上)・暗算段位(2段以上) 取得予定?

彼女のすぐれたところ ・先生の話をしっかり聞く 
・間違えた問題は家に持ち帰ってでも全部直す。
・積極的に自宅で自主練習をしている。
・練習を楽しんでいる
・少しの時間でも何か課題を探して取り組む

これからの改良点(直すとよいと思う点)
・そろばんはじく指先に力を入れ過ぎているので少し力を抜く。なめらかなリズムを作れるようにする。
・そろばんの左手の使い方・伝票のめくり方などを
もう少しスムーズにする。
なぜ彼女に今まで塾報に掲載してきた理由は、努力を積み重ねれば
みんなもこうなる可能性があるからです。

※4/22県大会で全4部門で入賞しました。


「4月号」
 新入生の皆さん入塾ありがとうございます。岩崎学園でのそろばん学習は、切り替えが早い特徴があります。やるべき課題が数分間でかわります。あわてないでいいですよ。もちろんそろばんをじっくりはじく時間もあります。◆皆さんの脳を刺激し、脳力を最大限アップしたいと考えています。

学園長の休日・・・国際交流?・・・3月21日
 古志高原スキー場は今日がラスト営業。朝からかなりローカルなスキー場に人が集まっていた。私は、リフトが動いた直後にリフト券を購入。ところが私が乗り込む前に突然リフトが止まった。リフトの不具合が出て休止。リフトに乗っている人たちは救助された。その後リフト券の払い戻し、見知らぬ仲間たちと談笑。リフト券所持者にプレゼントのスノーボート(そり)に入れられた飲み物が悲しそうに置いてあった。しばらく様子をうかがっていたが、エキスパート高齢スキーヤーがスキーを担ぎながら山登りを始めた。それに続けと私も板を担いで数百メートル山登り。簡単に滑り下りず、一回一回大切に滑り下りた。
 ひとり体の大きい男性がレンタルボードでころびながらボードをしていた。私も時間を持て余していたので彼にワンポイントアドバイスをした。彼はフランス人、日本語ぺらぺら。エンジニアらしい。歌手のジョージマイケル風な風貌のナイスガイだった。スノボ体験2回目、前回は長岡市営スキー場。「ここはコースが狭いので自分には難しい」と言っていた。
 11時に奇跡的に修理が間に合い。リフト再開。特別価格の千円で1日乗り放題になった。彼を頂上まで引き連れて「見た方向に自然にボードか動くよ」と目線を注意しながら何本か一緒に滑った。私は、「スノボは楽しかった。またやりたいなぁ」という気持ちを持って帰ってほしかった。山登りで疲れて私は昼上がり。彼とは挨拶できなかったが、一期一会であった。
 彼の名前は通称「カンタン」フランス語で発音すると「クワンツァン?」というらしい。カンタンさんに教えるのは簡単ではなかった。「私はアバカスを教えている」と会話したが何か「アバキュー?」コンピューター関係のソフト?と、勘違いしていて少しかみ合わなかった。スマホ検索してわかったらしい。「今も使われていの?」と質問を受けたが、私の解説わかってもらえたかなー。彼は、「日本人の本音と建前が一番難しい」と言っていた。「以心伝心」など必要がないのかもしれない。面白い日だった。

  公益社団法人全国珠算学校連盟検定試験が少し変わります。
~30年5月検定より、珠算「準3級」が新設されます。種目は×算・÷算・見取算の3種目。合格点は、4級と同じ3種目合計210点以上で合格。受験料は、1,000円です。内容は、×算・÷算に小数の問題が含まれています。ただ3級より少しやさしく端数を四捨五入するという問題はありません。4級から3級に上がるにはたくさんの事を覚えます。伝票算という新しい種目も習得しなければなりません。珠算の昇級の中で、多くの人が時間を費やしていたかもしれません。これからは、スモールステップで4級→準3級→3級と短時間で進む可能性大です。



もう1つ変わるのが段位検定です。今まで段位検定では種目成績は無期限有効でした。この点が改訂され有効期限が過去2年になりました。今持っている最高得点は、2年を経過すると無効になり2年以内の最高得点が昇段の基準点になります。しかし一度取得した段位証書はそのまま無期限有効です。安心してください。
有効期限の例(過去2年間の得点のみ有効)
◆~30年5月検定の得点 → ~32年5月検定試験まで有効
◆~28年5月検定の得点 → ~30年5月検定試験まで有効
※~28年3月検定の得点 → ~30年5月検定試験では無効



◆4月22日(日)第57回県下珠算塾対抗兼学年別競技大会・第37回全国大会選手選抜会が三条市 燕三条地場産業センター リサーチコアで開催されます。推薦文をお渡しし、大会選手が決定しました。これから1ヶ月間練習を積んでいきましょう。大会での経験は、一生の財産になります。一部の人しか出場できません。誇りを持って大会に臨んでください。 優勝・入賞目指してがんばりましょう。

第72回新潟県珠算選手権大会 ~30年5月13日
主催 新潟県商工会議所  新潟市で開催されます。選手選考中。

【4年生2月末入塾…今は5年生…その後】
 昨年2月末に4年生が入塾してくれました(現在6年生)。2週間でたしざん・ひき算の基礎テキストを2冊終了しました。3月に珠算・暗算1級受験合格しました。来る4月22日の県大会の選手に選出しました。入塾1年間で6年生の部出場は初めてです。(暗算段位)アイアンマン教材の練習にも挑戦中です。(毎回自主練習したプリントを持ってきます。)
※5年生から習っても遅くない! 
※彼女に壁は訪れるのか? 次号につづく?


「3月号」

2月は厳冬でした。毎日の冷え込み、降りやまない雪、そして消雪パイプの水枯れで道や家のまわりに大きな雪の塊ができ人も車もたいへんな状態でした。岩崎家で路面がガタガタの事を「小池中から白ふじの里の道がインディー(ジョーンズ)」「マルイの前がモーグル」という表現で会話をしていました。
 学園長は、毎日3カ所の雪かき(雪上げ)を筋肉痛と闘いながらこなしていました。3月に入り、柔らかい日差しと少しの温かさが戻ってきました。日の入りの時間もおそくなり春の入口が近づいているようです。しかしまだまだ足元が悪いです。しっかり踏みしめてきてください。
※荒天で授業ができない場合、メール・教室前張り紙で連絡いたします。


平昌オリンピックが終わり、やはりメダル獲得が大きな話題になりました。銅メダルのカーリング女子の「そだねー」と「おやつタイム」も注目されました。藤澤選手の好きな言葉がネットに出ていました。「世の中に失敗はない。チャレンジしているうちは失敗はない。諦めた時が失敗である。」すごく心に残る言葉ですね。話しは変わりますが今回のオリンピックは、角度の勉強になったのではないでしょうか。1回転=360°2回転=720°3回転=1080°(テン・エイティ)4回転=1440°(フォーティー・フォティ) 4回転半=1620°何とかグラブも多かったですね。 


小学校でボランティアそろばん授業

2月20日(火)3年生と4年生に各2時間ずつそろばん指導に行ってきました。PCを持参しイメージを作ってから短い11桁のそろばんではじくという学習方法をとりまし。少ない時間ですので自塾のように、完全にできるまで指導はできません。でもそろばんはどんなものかわかっていただけたと思います。10の合成の数の100マス計算を何も学習しない状態で1回・そしてかなり学習を深めた後にもう1回違う問題でチャレンジしました。ほぼ全員がかなりの時短や解答数増になり、自分の理解力の向上をすぐ実感する事が出来ました。教科書の問題を一緒にはじいてみました。最後に恒例の大きな数を「もしかめ」のメロディーで歌いました。授業後、校長先生よりそろばんを応援していただく言葉と写真をいただき大変うれしかったです。

【4年生2月末入塾…今は5年生…その後】
2月末に4年生が入塾してくれました(現在5年生)。2週間でたしざん・ひき算の基礎テキストを2冊終了しました。現在は、3月に珠算・暗算1級受験予定。(暗算段位)アイアンマン練習にも挑戦中です。(毎回自主練習したプリントを持ってきます。)
※5年生から習っても遅くない! 
※彼女に壁は訪れるのか? 次号につづく?


6年生は、4月から中学校に進学します。
そして全員岩崎学園特待生になります。
長い間きてくれたので授業料を6,500円から3,000円に大幅に減額します。中学に入っても続けてくれたら指導者としてうれしいです。
現在週1回・2回と回数を減らしても授業に来てくれている中学生がいます。指導方法を工夫し、その環境でも上手くなっています。



「2月号」

1月の終わりから、インフルエンザが流行ってきました。手洗い・うがい・マスクで「うつらない・うつさない」自分で防ぐようにしましょう。話しは変わりますが、学園長は今年の冬、25年以上やっているスノーボードをもっと上達するという目標を立てました。本を読みDVDをくり返しみていろいろな練習方法・イメージを作り上げゲレンデでそれを試してみました。前の膝の少し「くっと」先行させてターンしてみる。山側の手を大きく使ってみる。不思議な事に今まで苦労していたカービンターン・ショートターンがよりスムーズにできるようになりました。そして上半身・特に右腕を高く大きく使ってみました。上手くリズムをとると自然にボードがぴょんぴょんと弾むようにかえってくれます。そろばんにもつながると思います。アドバイスを素直に聞くそして試してみる。どのように計算しているか上手い人のはじき方や暗算のやり方を見てみる。それにくわえ「力の入れ具合」「授業に対する準備の仕方の素早さ」「一番大事なのが授業の流れ(リズム)に上手く乗る事」が大切だと思います。

1月末から道路が凍る日が多くなりました。塾の行き帰り気をつけて、ケガ・事故がないようにお願いします。お家の方もお車の送迎お気を付けください。感謝申し上げます。



アイアンマン誕生・・・5分練習で暗算十段だ。

 2017年末、新潟県珠算協会の杵鞭博昭理事長先生から「ボルト教材、 教室に来たら必ず1枚やらせているよ。」と以前に提供した教材を大切に使っていただいている話を聞きしました。その後に「岩崎先生、÷算と見取暗算があると良いのだが。岩崎先生作ってよ。」と言われました。年末にその問題を作っているうちに「岩崎学園用に使えないかなぁ」と考えました。試行錯誤して全国珠算学校連盟暗算段位検定の1/6スケールの問題を作るところまでアイデアがまとまりました。各種目1/6の問題数で作りました。制限時間4分×3種目×1/6=2分間 2分間で25問正解できるようになると10段相当以上の力が付いた事になります。授業時間が1時間ですべての練習をできるわけではありません。そこでサーキット練習と一緒に5分間計測して同時に練習できます。5分で暗算段位の練習ができる一石二鳥のスーパー教材の誕生です。(段位練習者に自主練習用にお渡しました。)後日、級位練習者が「ぼくにもアイアンマンやらせてください」という申し出がありました。彼にとって見取暗算は少し苦しいレベルですが、その積極性が上達の始まりだと思います。うれしい言葉でした。


 【4年生2月末入塾…今は5年生…その後】
2月末に4年生が入塾してくれました(現在5年生)。2週間でたしざん・ひき算の基礎テキストを2冊終了しました。現在は、1月に珠算・暗算準1級受験。アイアンマン練習にも挑戦中です。
(毎回自主練習したプリントを持ってきます。)

※5年生から習っても遅くない! 
※彼女に壁は訪れるのか? 次号につづく?



「1月号」

平成30年になりました。平成はのこり2年です。みんなにとって自分にとって良い年にしたいものですね。学園長は、また新しい事に挑戦したいと考えています。どんな事が待っているか楽しみです。話しは変わりますが映画大好きな学園長は、面白い映画は何回も見ます。(昨年「美女と野獣」は映画館で5回見ました)スターウォーズ[を幼稚園からの幼なじみと観ました。見る約束は2年前からしていました。何回見ることになるでしょうか。皆さんは見ますか?

 年末に愛知県の先生から指導教材・暗算指導法について助けてメールをいただきました。教材提供や自分ができる最大限のアドバイスをし大変喜んでもらいました。私自身も直接話さないで伝える、これが大きな勉強になります。頭の中で整理し言葉に起こし、いかに簡潔にわかりやすく伝えるかを大切にしています。これは、塾報を作って必ず父(故人)に読んでもらい、かなりだめだしの添削を受けた経験が生きているのだと思います。いつのまにかたくさんの事を私に教えてくれていたようです。

1月になり道路が凍る日が多くなります。塾の行き帰り気をつけて、ケガ・事故がないようにお願いします。お家の方もお車の送迎お気を付けください。この時期は、あせって事故より、安全運転で遅れてもOKです。

 教室のビックリニュース・・・驚いた@

鉛筆の持ち方が気になる生徒を何人か発見。「ちょっと持ち方を直すと素早く書けるよ。指が疲れる持ち方だよ。そのもち方だと2が上手く書けないよ。」と言葉がけしています。すぐには直せませんが、自分の脳にそれはだめと指令を送ってください。意識しないと直りません。(先生は、小学校の頃ひどかった箸の持ち方を意識して直しました。)

教室のビックリニュース・・・驚いたA

数字書き方の規則をお知らせします。だれもが読める数字書く。読むときに数秒考え込む数字は、良い数字とはいえません。これも直すよう脳に指令を出しましよう。

検定試験の採点委員よりかなり数字に関して厳しい指摘を受けています。

 【4年生2月末入塾…今は5年生…その後】

2月末に4年生が入塾してくれました(現在5年生)。2週間でたしざん・ひき算の基礎テキストを2冊終了しました。現在は、11月に珠算・暗算2級合格。サーキット教材は、暗算段レベルを越えてきました。1月検定は、W準1級に挑戦する予定です。(毎回自主練習したプリントを持ってきます。)

※5年生から習っても遅くない! 

彼女に壁は訪れるのか? 次号につづく?