岩崎学園

塾情報


8)2017年塾報「かがやき」





「6月号」



 新入生の皆さん入塾後、2か月がたちました。先生の顔になれてきましたか? 練習は、てほどきAが終わった人が出てきました。
次は、てほどきBに行きます。2冊の学習で検定8級程度の見取算を身につけます。何か気がつきましたか。表紙に面白いラベル用紙が貼ってあるでしょう。教材の進度表です。個々により進度が違います。先生が「あなたは、今日どこからやるのかなぁ?」という探す動作をやっていたのでは、時間の無駄遣いです。練習時間を削ってしまいます。この表紙を見た瞬間にどこからやるか生徒自身もわかりやすくするため作りだしました。もちろん先生の生徒出席簿・指導日誌にもいろいろメモしてあります。全員の弱点を頭の中に入れてあります。
◆そろばんの玉をイメージするニーズ教材をはじめました。
◆やさしいフラッシュ暗算にも挑戦しています。
◆そして時々九九チェック教材(チャレンジ九九)を使っています。4と7の音でのかん違い、間違って覚えている九九があります。修正していきたいと思います。
×算・÷算を早く習得するのは、九九をしっかり覚えている事が一番大切です。「50問(全問正解)を何分何秒でできるか」を目標にしています。先生は、あえて採点をしません。生徒同士で自分が先生になって○をつけます。もちろん答えをみて○×をつけません。自分で正しい九九を出さなければ○つけができません。そこが狙いです。即答できる九九をしっかり覚えましょう。
 

★水道町教室新入生は、ただいま2時間学習が多いです。びっくりです。☆新中学1年生の皆さん・・・部活で大変ですが、この生活リズムに慣れるまでの辛抱です。(せんぱいもそうでしたよ)


      【4年生2月末入塾・・・今は5年生・・・その後】

2月末に4年生が入塾してくれました(現在5年生)。2週間でたしざん・ひき算の基礎テキストを2冊終了しました。1日で多くの課題が進み、先月号は、「6級のほぼ満点をとります。」と書きました。教室では、ぴったり1時間学習しかしていません。(「ここまでお家で練習問題やっていいよ」という課題を与えると、必ずやってきていました。)※5年生から習っても遅くない! 

ただ今5級ほぼ満点をとります。×暗算・÷暗算は、2級問題の基礎学習が終了し、ほぼ1日で習得してしまいました。

5月25日より1級〜段位の暗算練習に入りました。珠算4級×算の基礎学習を終了しました。次号につづく?

先生のゴールデンフウィーク・・・映画ざんまい

Facebook友達の珠算塾先生が実写版「美女と野獣」をみました。「エマ・ワトソンの演技が素晴らしい」と書いてありました。

そこで見に行きました。素晴らしい出来です。アニメ以上のできでビックリしました。もし見に行くなら今のうち。ちなみに3回見に行きました。「美女と野獣」→「キングコング」→「美女と野獣」→「美女と野獣」人生初めて4日連続映画鑑賞でした。もう1回見たいなぁ。逆にアニメ版の細かいところを再確認中です。

【公益社団法人全国珠算学校連盟  後援 文部科学省】

※笹川未来さん(小池小6年)が、見取暗算七段認定(~29年3月検定)されました。

【ただいまそろばん祭り計画中】

毎年8月8日に実施予定。昨年度は新潟県で全国研修会準備があり、そのためお休みにしました。今年度は、三条商工会議所でやる予定です。詳しい事が決定次第、ご案内を差し上げます。


「5月号」



新入生の皆さん入塾後、1か月がたちました。なれてきましたか? 生徒手帳を出して出席のハンコを押してもらっていますか?

 先輩(せんぱい)の様子を見るといろいろな教材をどんどんやっていますね。ぼーっとしている人がいないでしょう。ジェットコースターのような授業かもしれません。乗ってしまえばゴールまで突っ走ります。上下したりぐるぐる回ったり。

 新入生の皆さん、読上算とテキスト学習がもう少し進むとそろばんの玉をイメージするニーズ教材をはじめます。もう少しでジェットコースターに乗り込みます。楽しみに待っていてください。

【4年生2月末入塾・・・今は5年生・・・その後】

2月末に4年生が入塾してくれました(現在5年生)。2週間でたしざん・ひき算の基礎テキストを2冊終了しました。1日で多くの課題が進み、先月号は、「8級の÷算指導まで終わりました。」と書きました。彼女は、ぴったり1時間学習です。(「ここまでお家で練習問題やっていいよ」という課題を与えると、必ずやってきていました。)

※5年生から習っても遅くない! ただ今6級ほぼ満点をとります。 

暗算は×暗算・÷暗算・フラッシュ暗算 そして読上算は、1桁〜7桁まですべてにチャレンジ中です。

  

          【検定情報】 ※笹川未来さん(小池小6年)が、見取暗算七段認定(~29年3月検定)されました。

 ◆4月23日(日)第56回県下珠算塾対抗兼学年別競技大会・第36回全国大会選手選抜会が新潟市 新潟日報メディアシップで開催されました。

大会での経験は、一生の財産になります。一部の人しか出場できません。胸をはって珠算県大会に出場したことを自慢してください。

大会成績報告です。

中学以上の部 郁万・悠・真奈・那桜・萌羽(全員個人優良賞) 

         悠(フラッシュ暗算入賞)

6年生 未来(総合2等・読上算準優勝・読上暗算3等・フラッシュ暗算入賞) 

    あかり(個人総合3等)

5年生 英里(個人総合3等)  侑咲(優良賞)

4年生 千晶(優良賞)  あいか(個人総合3等) 

3年生 衣桜(優良賞)         岩崎学園 団体総合2等

○「初参加の衣桜さんを助けてね。」と頼んだら手をつないで千晶さんと侑咲さんが面倒をよく見てくました。ありがとう。とても助かりました。

○未来さん、弱点の読上算を毎回4時5分〜15分までのつなぎの時間に練習していたら準優勝を獲得しました。個人総合では全国大会出場者と同点、規定により高得点がある人が全国大会へ。残念でした。

みんな、集合場所に時間厳守で立派に行動してくれました。大会で自己ベストの点数を出した人・・・驚きです。



「4月号」

新入生の皆さん入塾おめでとうございます。岩崎学園でのそろばん学習は、皆さんの脳の未開な部分を刺激し、脳力を最大限アップします。そろばん(あんざん)学習はバケツ作りです。たくさん刺激を受けると大きなバケツができます。大きなバケツは大量の水(知識)が入ります。大きなバケツができるように指導したいと思います。教室には、たくさんのおにいさん・お姉さんがいます。せんぱいの良いところはまねをし、はやく岩崎学園の雰囲気になれてください。

2月末に4年生が入塾してくれました。2週間でたしざん・ひき算の基礎テキストを2冊終了しました。1日で多くの課題が進み、8級の÷算指導まで終わりました。このかがやきを発行する頃にはどこまで進んでいるか楽しみです。彼女は、ぴったり1時間学習です。(「ここまでお家で練習問題やっていいよ」という課題を与えると、必ずやってきています。)すでにサーキットの見取暗算に参加しています。※5年生から習っても遅くない!(8級1回目計測・・・満点→7級基礎開始です。)

  

平成28年度は、暗算を強化した指導を行いました。小数の÷算指導法も変えました。平成29年度も暗算をより簡単に1級レベル以上の問題に全員がチャレンジできるように、指導したいと考えています。

ある入塾1年間の生徒(4年生)が暗算段位レベルを練習しています。びっくりです。新しい暗算指導法が成功しています。1年間で、その他3年・4年生からの入塾生の多くが暗算2級程度まで進みました。今年度は、珠算3級を簡単な通過点にしたいと考えています。そしてもっと簡単に超脳力が身につかないか、日々研究です。(岩崎昭夫学園長)





入塾1年で
ここまで
 暗算習得

「2月9日そろばんボラランティア授業に大関小へ行ってきました。」

後日、3・4年生からお礼のお手紙をいただきました。水道町教室に貼ってあります。宝物になりました。

授業後、学校の先生がそろばん貸してほしいということで、25丁置いてきましした。

それを使い、算数ドリル問題(そろばん)をチャレンジしたという話を聞いてうれしくなりました。

【サーキット・・・最初は見暗から】

珠算の7級(×算・÷算・見取算)の基礎学習が終わった人から、×暗算・÷暗算の指導を行います。「そこまでいっていない人は暗算練習をしないのですか?」いいえ見取暗算を徹底的に練習します。オレンジ→なし→イチゴ→ゴリラ(岩崎学園オリジナル教材です。)桃→白→黄→緑→赤→青→黒→金・・・どんどん難易度が上がります。現在一番進んでいる人は金(4桁10口)完璧正解に挑戦中です。

【モーカード復活・・・長時間学習カード】

 「はやくかえりたい。」ので時計ばかりチラチラ見ている生徒がいます。反対に2時間連続学習を希望する生徒が何名か出てきました。とてもうれしです。「もっとそろばんをしたい」「もっとうまくなりたい。」そんな生徒は、必ず上手になります。いや上手にします。1年間2時間学習をしたら、1時間学習の生徒の2年分です。単純には言えませんがその分昇級していきます。  

昨年書いた文章です。特に小池教室ですが時間があれば長く練習しようと、2時間以上の学習者がたいへん増えてきました。やっぱり速く進んでいます。うれしい悲鳴です。

  「じゃあ1時間学習で段位はとれないの?」・・・教室に貼ってある段位証書。ほとんどの人が1時間学習者です。1時間をきっちり練習し高段位を取得した生徒もいます。いかに集中するかです。


「3月号」



あっという間に、2月が終了してしまいました。

まだインフルエンザがおさまっていません。自分で防ぐよう心がけましょう。手洗いとうがいが大事です。

4年生から、「6年生を送る会」のだしものの話を聞きました。6年生は、中学の準備が始まったようですね。制服・自転車など 出費が多い時期です。そこで岩崎学園では、中学生になると授業料を3,000円に減額します。部活・いろいろな課外活動で忙しくなると思います。その点を最大限に配慮して割引制度を作りました。学習塾は、逆に中学生になると金額が上がります。他の珠算塾では、割引制度なしで小学生と同じというところが多いようです。いろいろ話を聞いても、特別な割引は設けていません。岩崎学園は、中学になってもそろばん継続者大歓迎です。もちろん高校生・大人でもOKです。

えっ。限界は人(自分)がきめてしまっているの?】

指導していて気のついたことは、「脳力の可能性には限界がない」ということです。「このレベルの問題はできないだろう。できそうもないのでやめておく。ここまででよい。」これが限界の壁を作っていました。

以前は、暗算十段をとるためにどうすればよいか考えていました。その暗算問題レベル(3桁×3桁)まで指導していました。今は、十段以上の難易度(3桁×3桁から4桁×4桁へ)の問題にチャレンジしています。柔らかい脳でイメージ作りができるようになってきました。

珠算7級生で珠算問題を暗算でできる(×暗算2級程度)・珠算6級生で同問題を暗算でできる(÷暗算2級)、4級生で暗算段位問題を練習している生徒もいます。教室全体の暗算のレベルアップは目を見張るものがあります。なぜこんなに暗算が進むようになったかは、6年前からの指導法の変更です。×算は、答えだけそろばんに置く両落としという方法をとっています。保護者の方が習っていたやり方とまったく違います。このやり方は、「暗算=珠算と同じやり方だよ。だからかんたんだよ。」と一言のアドバイスで済みます。(もちろん補助教材をしっかりやらせています)そしてその力を養成するオリジナル教材で…脳力アップです。(学園長)

≪検定試験前に、お母様からうれしい話をききました≫

自宅近くにあるそろばん塾から転塾して、遠くの岩崎学園に来てくれた生徒。授業曜日もかわり、逆に岩崎学園授業日には他の課外活動があり、お家の方にとっては忙しいことを選択していただいた。この選択にしっかり応えないと申し訳ない気持ちでいっぱいです。「基礎を終了し、前塾加盟団体の8級合格」後入塾してきました。そこで転塾生にいつもお願いしているのですが、前の塾のカバンを持ってきてもらいます。テキストを見ると、どんな方法(算法)で学習したか、本人の力がすぐわかります。良い物は、そのまま伸ばし、悪いところはすべて修正しようと考えています。

後日持ってきたカバンの中には、お茶道具(コップ)が入っていました。お聞きしたらテキストはないということ。よくお茶会をしていたらしい。コップをじっと見てもそろばんの実力はわかりません。それで、すべての

指の動かし方・玉の動かし方をチェック、悪い癖がないか良いところはどこでどこを延ばせばよいか診断しました。1〜10までたしざんをさせ55になるか、55から10〜1をひいて0になるまでの計算方法・・・運指・運珠法をチェックしました。※特に注意したのは、13-8というひき算。右手のげんこつの角度、少し右に傾きすぎていました。それによって親指が人差し指とくっつきすぎて、時々10-4は、6はさみを10-4=4をたすという間違いに陥っていました。 残念なことは、暗算・読上算をやったことがないということでした。

話を聞くと×・÷算のやり方をすっかり忘れたという。これは、逆に岩崎学園にとって好都合でした。前塾と指導方法が違うので、全く初めての人同じように指導しました。すぐ覚えてくれました。

※その時の会話です。

お母様「お世話になっています。」

学園長「いつも遠くからご送迎ありがとうございます。」

お母様「先生、この前初めて計算テストで100点を取りました。計算もすごく早くなりました。私は、そろばんの経験がないのですがもう子どもの計算スピードについていけません。すごい速さです。」

学園長「おめでとうございます。毎回暗算の特訓問題をやっていますので、今よりどんどん力をつけると思います。現在3級程度の×・÷暗算レベルの練習をしています。2級程度練習も、もう少しがんばればいけると思います。」

そして検定前練習、÷算のまちがいやすい問題を指導して検定会場を後にした。さて合格は、・・・あと1問できたら満点合格でした。






「2月号」


  1月末よりインフルエンザの流行がはじまりました。ウイルスが強いのでしっかり予防を心がけましょう。

手洗い・うがいを頻繁にやる。せきをしている人にはなるべくすぐ近くまでいかない。逆にせきをしている人はマスクなどをして人に迷惑をかけない。先生は毎日何十人と接しています。マスクはしません(すると指導がやりにくいので)。手洗いとうがいでしっかりやり、せきをしている人は後ろから指導するなど工夫しています。何十年も体調不良で教室を休んだこともありません。ちょっとしたことで防げると思います。 ※まだまだ、雪が降ってきます。足元に気をつけ通塾してください。

【第1997回「ほめ上手は子育て上手」原坂一郎さん】




テレビ寺子屋



子育てのヒント?



新潟県では
平成29年1月22日
午前5時30分放送

  学園長の予約番組の1つに「テレビ寺子屋」があります。新潟県では毎週日曜の午前5時30分放送ですので、見られている方は少ないと思います。時々至極の言葉で視聴者にアドバイスをくれます。子育てに役立つ素晴らしい回だったのでご紹介します。(学園長)  

  子どもは褒めながら育てようとよく言われます。10褒めて1叱ろうなどとも。でもそれはなかなか出来ることではありません。逆に褒めすぎたらだめだと言う人もいます。一般的に褒め言葉と言うと「上手」とか「すごいね」とか「えらいね」とか「かわいい」などでしょう。こんな言葉を使って褒めてばかりいると他人からは変な感じに見えるので使いにくいというお母さんや、うちの子なんか褒めるとこなんかないですなどというお母さんもいます。

僕は保育園時代、子どもを褒めるポイントを3つ作りました。それは、

「@やった時に褒める」「Aやって当たり前のこと」を「Bその行動を言葉にする」と言うものです。

実際には、子どもが手を洗ったときは「あ、ちゃんと手洗ったね」。食事の時いただきますと言えば「ちゃんとごあいさつができたね」と言う。食事を全部食べたら「全部食べたね」と言うのです。1つもえらいとかすごいなどとは言いません。

大人は何かをしないときに叱ることがあります。例えば、いただきますを言わなかったら「あれ?何ていうんだっけ?」と。ちゃんと言った時には何も言わず、言わないときに言う。褒められたことは習慣になります。僕は子どものしたことをそのまま言っただけです。それだけで十分な褒め言葉になるのです。子どもは自分のしたことに気づいてもらっただけで嬉しい気持ちが湧いてきます。

よく、子どもは感じたことをそのまま言っているだけなのに叱られることがあります。例えば、子どもは暑ければ「暑い」と言い、寒ければ「寒い」と言います。食事の時、「これ、嫌い」などともよく言います。そんな時、大人は「上着3枚も着ているから暑いのよ」とか、「食べないなら、もう作ってあげないから」などとつい口走ってしまいがちです。幼稚園の庭で転んで「痛い」と訴えているのに、「痛くない痛くない」と言っている保育士さんもいます。そのように否定してしまうと、子どもはますます「だって痛いもん」とぐずることになります。こういう時は、「痛いね」と、まず相手の言葉をおうむ返しに言葉に出して、そのあとに「走っちゃだめよ」と言えば素直に聞いてくれるものです。大人同士なら絶対に言わないような言葉を子どもに投げかけていることに気づくことが大切です。・・・テレビ寺子屋HPより

※まず子供の存在・言葉を肯定や追随してあげる。そしてその次に伝えたい言葉を発するということですね。(岩崎昭夫学園長)

※田中郁万さん(燕中等1年) 除暗算九段認定(~28年11月検定)されました。



「1月号」

 新年がはじまりました。年末年始いかがでしたか。寝正月・それとも買い物正月ですか。それとも冬のスポーツを楽しみましたか。学園長は、自分の時間をうまく使い、雪が降れば25年以上やっているスノボを楽しみたいと考えています。 ◆もちろん珠算・暗算指導法も日々勉強です。指導の工夫・教材作りをしっかりやりたいと誓う正月です。


【指導法も進化する。3級÷算から・・・やり方を変更しました】

 ×算のやり方をかえてから6年がたちました。×暗算の短時間での飛躍的な向上、目に見える成果が表れました。今年はいろいろな先生から÷算の指導法を学び、11月より指導教材作りをしました。そして12月から指導方法を思い切って変えてみました。

※一般的な指導法は、「ある一つ飛ぶ・ないすぐ隣という」呪文を唱えて「4÷3は4のなかに3が1つ分ある」ので4からみて1つ飛んだ所に商の1を立てました。12÷3は、「1のなかに3がない」ので1のすぐ隣に商4を立てました。岩崎式は少し変えて指導していました。2つの呪文をすべて同じ言葉に統一しました。「わける(ひける)ぴょこぴょこ」の1つにしました。上記の問題で考えると12÷3は1から3はひけないので12に下がってみる12とみるとひけるので2から「ぴょこぴょこ」して商4を立てる。

そして今回指導している方法は、そろばんの1の位にこたえ(商)の1の位がくるようにする方法です。私は、被除数移動法という言い方に命名しました。皆さんのそろばんワクに桁数シールを貼ってあります。

簡単な問題で説明すると12÷2は、2けた-1けたで1けたの商になります。1の場所に答えが来るのでその隣の0から12をおきます。そして2でわると1の位に商の6がきます。これが13.4÷2もおなじです。0から134とおき2でわると6.7という答えが一目瞭然でわかります。

6年生は、このやり方にかえると混乱するので今までどおりに計算していきたいと思います。5年生以下は、÷算の計算状態を見てかえた方が良い人にはお話ししたいと考えています。5級生までの人は、4級合格したらこの指導法で指導します。 ※このやり方を覚えると小数を含む計算も暗算でできるようになります。

【−(−1)は+1にへんしーん】

上の教材は、中学生で学習する正の数・負の数に関するものです。Facebookに掲載しました。大阪の先生より以下のお礼のメールをいただきました。
 
「すごいです!目からウロコです。検定1級を持っていても中1の1学期の時点で「−(−2)」を理解させてあげることができずにいました。覚えさせることはできても理解してもらえてなくて、悶々としていました。棒人間の向く方向ですか!本当に納得です?涙が出てきそうです。ありがとうございました。」

これは、÷算の被除数移動法のため作ったものです。3は1桁、0.12は0桁、0.012は−1けたという桁数で覚えていきます。

0.12÷0.03は0-(-1)=0+1=1(商の桁数)

※商の1の位が一瞬で判断できるので割り切れない問題の概数が簡単にできます。

『指導してびっくりしました。数10分で覚えてしまっています。今までの定位法は、何日もかかって習得したのに、』・・・学園長

【~28年11月検定で段位合格者の面々】