岩崎学園

9)2024年塾報「かがやき」


「令和6年1月号」

2024年が始まりました。干支の「辰年・たつ年」の特徴は、十二支の中で唯一空想上の生き物で、権力や隆盛の象徴であることから、出世や権力に大きく関わる年といわれています。「竜頭蛇尾」にならないよう頑張りましょう。★毎年の目標を漢字1文字に表してきました。今年の1字は、「楽」にします。楽しく学習、そして苦しまなくて楽にすごい脳力を身につけられる。あなたはどんな文字を選びますか。もう1つ、趣味のボウリングで夢のパーフェクトをだす。これも目標に加えたいと思います。
★岩崎学園は、そろばん学習していない人とレベルが違う暗算力の習得を目指しています。 


【学園長の指導日誌・・・視点・・・どこを見ているか】
《進化し・深化させ・真価を高める》             
(目標) 入塾した全員を暗算名人(そろばん未経験者には絶対できないレベル)に引き上げるつもりで指導しています。暗算力を使っていろいろな計算がすらすらできる事もその1つです。それと並行して社会ルールも習得してほしいと考えています。「わすれものをしない。身の回りのものは大切にする。採点の順番が来るまで並んで待つ。他の人と仲良くそして邪魔しない。道具の用意と片づけ。手帳を毎回机の上にあげ出席印をもらう」・・・高段者は、全員何も言わずに生徒手帳を机の上にしっかり出しています。逆に全く手帳にハンコを押してもらっていない人は自分の1つの管理ができていません。・・・そろばんのすすみ具合も?になってしまいます。」


つぎに授業中に見ている点・聞いている点を書きます。
最初に今日の顔つき・顔色など見ます。体調が悪そうな人には、必ず声かけをします。
視点@あんざんはそろばん玉を作っているか観察 玉イメージなしの数字の計算では×
読上暗算を少しスピード上げてついてこられない人は、暗算イメージ?と日誌に記録

視点A見取暗算を1桁ずつわけて計算していないか観察 フラッシュ暗算の2桁問題をやればわかります。何桁でも一括で計算できるように指導しています。3桁ができるようになれば見取算&伝票算を暗算でできる可能性が出てきます。

視点Bそろばんの音・・・力の入れすぎやリズム感を聴いています。

視点C左手の使い方・・・見取算が上手く計算できる可能性が大(計算とばしがなくなる)

視点D答えの書き方 数字の大きさや丁寧さ(他の人が理解できる数字)、コンマや小数点の書き方

視点E読上算をやる時の机のそろばんの位置。右ひじが机につかないよう指導

視点F問題に対する心の持ち方。やるまえから弱気にならない。
できなかった場合の計算中の対応方法。(途中でおちこまない)

視点Gできる限り先生が採点し、生徒の間違え方を把握しています。そしてアドバイス。
※ことばでの指導。先生がはじいてみせて対応。変な癖がある場合は、例題を使い個別チェックをします。それでもダメな場合は、特別問題を作って次回授業で再び確認します。

 岩崎学園長のFacebook雑話より

12/16 先生 は―い
4年生女子からプレゼントをもらった。大変良い作品。学校の図工の時間に「飛び出すもの」という課題でソロバンを使って作ったと話してくれた。これが私に結び付いたことがうれしい。時々できない悔しさで涙を落として帰る子が「そろばん」を嫌いになっていないことでうれしさが2倍になる。

12/16 セーフ
1年生女子 私が問題の採点中に足をあげアーティステックスイミング状態。「どうしたの?」「トイレ?」「はい」初めての教室のトイレ使用もばっちり。危なかったなー。

12/13 愛を叫ぶ?
コンビニに車を駐車。トラックがバックで下がってきた。少しその様子を見ていたが、バックブザーが鳴りやまない。勢いも同じペースでどんどん進んできている。このままいくと隣の車にぶつかりそうだ。隣の車には、これから乗りこむ運転手が外に立っていた。あと30pまで音が鳴る。ここで私が読上算を読む声より大きな声で右手を大きく上げて「とまれー」と叫んだ。やっと止まったトラック。何も合図せずさっと立ち去った。しかし隣の人は、止まると思っていたのだろうか。私には、何も礼も言わず無言で車に乗り込んだ。・・・コンビニ玄関で他のお客さんと「言わなかったら完全にぶつかっていたねー。」「全く止まる様子がなかったね。」とハラハラ感を共有。叫ばず放置していた方が良かったのか・・・いや私の良心が許さない。


12/10 新聞で発見・大器晩成
大関小?自塾出身の生徒山ア君。長岡高校→信州大学→原子力規制庁へ。よく覚えています。なかなか上級には進めなかったが笑顔がかわいい生徒でした。

R5年 11/29 にしむくさむらいと閏(うるう)年
検定後の合格発表まで時間があるときの余談話。
「今月も終わりだねー」「11月は何日まで」
生徒「30日」
「じゃあ12月は」
「31日」
「みんなに秘密の言葉を教えるね。」「にしむくさむらい」「みんなで。せーの」「にしむくさむらい」「しっている人、手をあげて―」生徒はほぼ知らない。
「もしかしたらみんなのお家の人もしらないかもしれないよ。」
「先生の頃は、国語の教科書に書いてあったような記憶があります。」
小の月・大の月について解説。
「11月はなんの月?」「小の月」
「12月は?」「大の月」
じゃあ「にしむくさむらい」について解説するよ。
「に」は2月
「し」は4月
「む」は6月
「く」は9月 
「じゃあ さむらいは?」「?」
「さむらいを難しい漢字で言うと?」「?」
チョークをちょんまげにして刀で斬るカッコウをした。
「これは何?」少し間があいた「ぶし」と返事有。
「そー正解」だんだん生徒が前のめりになってきた。板書で武士を漢字で書いて士をすこし離して板書「これはなんとよむ?」「じゅーいち」「さむらいは11です。11月の事です。」

私はカレンダーをもって生徒に確認させた。「1月は何日」「2月は何日」・・・「12月は何日」「31日無いのがにしむくさむらい・・・小の月だよ」「これが分かると月をまたぐ何日後はいつという計算ができるようになるよ。」
みんなでげんこつを出して、げんこつで大の月・小の月をおぼえる。まだ時間があるのでうるう年についても解説。


たまたま名前が太陽という生徒がいたので、太陽君の周りを岩崎学園長が回って1日と一年について話をした。ただし地球は太陽の周りをまっすぐ軸で回っていないので日本は冬に寒くなり、オーストラリアは逆に夏になると話をした。「ただし365日ぴったりで一周するのではなく、365日とおよそ6時間です。それを調整するのが閏年です。だいだい夏季オリンピックがある年が閏年になります。東京2020だったでしょう。次は2024年パリオリンピックです来年だね。」来年のカレンダーで2月29日を確認した。あっという間の授業終了、いつもの授業より帰りの足取りが軽いような気がした。しっかり暗算練習をやったことは書いておこう。



小の月(1ヵ月が30日以下)
大の月(1ヵ月が31日以上)
↓小の月だよ
にしむく さむらい
2月・4月・6月・9月 
さむらい=武士…士は十と一で11月
閏(うるう)年・・・平年よりも日数や月数が多いこと。
★ローマ教皇グレゴリウス13世が、地球の公転周期365日5時間48分45秒との差を四年に一回,2月を一日多くし29日とすることで調節する。一般的には夏季オリンビッックがある年と覚えやすいが、例外もある。★

≪検定試験予定≫
○第346回全国珠算学校連盟検定
令和6年1月28(日) しめきり12/26まで
検定会場 燕文化センター2階  
※暗算検定は、各教室にて実施

「令和6年2月号」

 元日の夕方4時過ぎ、正月の楽しい雰囲気が一変しました。能登地方では、震度7とテレビ報道有。その直後自分の携帯にけたたましい大音量で「地震です!」燕近辺は、震度5強でした。横揺れではなくうねるような揺れ、ガスストーブを消し、私はテレビが倒れないように必死に押さえていました。その後の余震に備え、動線を確保し家族で小池新町公園へ避難しました。いつも避難訓練時、第一次避難場所で集合する場所です。避難してきた家族は、私たちともう一家族だけでした。「もう少し避難訓練についてしっかり段取りをしないとだめかなぁ」と感想を持ちました。揺れも落ち着いてきたので、家の内部がどうなったか調べてみました。予備の電球が棚から落ちて割れていました。教室のトロフィーと盾が棚から落ちていました。以前の地震の教訓を生かし、書類はほぼチェーン止めをしてあり、全く落ちてきませんでした。大きなタンス・棚は柱とチェーン固定してあるため倒れることはなし。しかし家族が部屋の模様替えをして本棚を止めるチェーンをはずしてしていたのでこれだけが横倒し破損していました。すぐに壁と固定して次の地震に備えました。しばらく夜の動線照明として、豆球をつけるようにしました。皆さんは、どのような対策をしましたか?
災害救助のために自衛隊が出動しました。隊は、防衛戦争にそなえどんな状態でも24時間対応できるように厳しい訓練をしています。地震は、間断なく連続攻撃をしてきません。そのような状態でも被災地にすぐに行けないもどかしを感じました。決して自衛隊を卑下しているわけではありません。それだけ未曽有の地震だった事を実感しました。珠洲市の「ランプの宿」という素晴らしい宿泊施設に泊まったことがあります。思い出は、色あせません。まずは、インフラ・日常への生活復旧・心の修復をお祈りしています。

★岩崎学園は、そろばん学習していない人とレベルが違う暗算力の習得を目指しています。 



 岩崎学園長のFacebook雑話より
1/21 佐藤修斗プロボウリング教室  プロの指導を受けた。「投げ方が良くなったねー。無駄な動作がなくしっかり転がしているよ。」自分の考えている方向が、プロの考えと一致した。しかしその後、「構えた時の左手の位置が良くない。」と注意有。「ユーチューブで左手7・右手3の割合でボールを支えて構える」と見たことを私が話す。「5・5ぐらいでいいですよ。左手は重ねない方が安定します。」またフォームを壊して、新しい世界を作り始めてみた。「壊す(直す)勇気がなければ上達しない。」という信念を持っている。
※教室の最後に1ゲームストライクチャレンジがあります。ストライク6で6個の商品をゲットしました。


1/17 ボランティアそろばん授業・・・小池小4年生
12月末に要請電話をかけてきた相手は、高校時代の同級生(学芸大・・・某大学院出身) 当日久々の再会「勉強したのだねえ。」と会話「浪人時代にね。」授業前に1つだけお願いした。「そろばんの動かし方で私の指導通り動かしていなくても、決して怒らないでください。」「違う。こうするの」と怒鳴らないでください。「2時間楽しくやりたいので。」小学校の校長は、高校の後輩・・・高校時代の部活の話しで盛り上がった。色々なところでつながっている事を実感した。校長先生より、学校のHPに授業の様子を掲載したいと電話をいただいた。その日の夕方、校長先生より「ホームページに載せました。」と電話連絡有。感謝。
以下の文章は小池小ホームページより転載

1/17(水) 集中している姿はすばらしい〜4年生算数〜
 午前の視聴覚室に行ってみると・・・。
4年生の算数の授業で、そろばんをやっていました。
 校区内の小池新町で岩崎珠算学園を経営しておられる岩崎様を講師にお迎えし、そろばんのやり方を教えてもらってたのです。テレビ画面や
パソコンのキーボードを使い、足して10になる暗算を全員がやり、
「やったあ」「よくできたぞ」等の声が聞こえました。
また、大型そろばんでの説明を聞き、実際に自分のそろばんで珠をはじき、集中してやっていました。子どもたちにとって、有意義な時間となりました。
 岩崎様、大変ありがとうございました。


1/12 寝ていろ
 東小4年生が学校でのそろばん授業の話をしてくれた。「先生、簡単すぎます。」私は思わず「それならば寝ていろー」・・・素直な生徒にこんなアドバイしていたら本気にしてしまう。帰り際に「私の指導と学校の先生の話が違う事があったら、しっかり聞いて報告しなさい」とアドバイス。これで彼は必死に授業を聞くだろう。さてどんな報告が上がるか楽しみだ。・・・後日50+50で違いが出たと報告有・・・100をたしてから50をとる先玉方式だったらしい。


1/9(火) 小池教室 午後5時58分
携帯からけたたましい音声が流れる。「地震です」「地震です」
1分後教室が揺れた。計算中の生徒を開放し、机の下に潜り込ませた。横揺れは1回で収まり、テレビ速報で震度4。授業を再開した。私は生徒の履物を玄関に並べ、ジャケットを着て非常灯を持ちながら授業を続けた。すぐに迎えに来た保護者には、練習を打ち切りお子様を保護者にお渡しした。


1/5 今日お父さんが
「帰って来たの。石川から」
「旅行行っていたの? 大変だったね。」「消防士だから」「そうか大変な仕事で行っていたんだね。」身近の人がこの災害にかかわっている。生徒の父親は、元生徒だ。・・・すばらしいお仕事に感謝

1/1 命の鎖 中越地震の後・・・結んだ鎖
今回の地震にもびくともせず物は全く落ちなかった。

後日、ダイソーで万能ベルトを購入してテレビ&PCモニターをしっかり台にくくりつけた。


1/2 新年ガチャ・・・本当の落とし玉(硬貨)

親戚が集まって新年会
カプセルに100円玉をいれて、ガチャでお年玉プレゼントした。カプセルが出て、床に落ちた時の音で大うけ。100円はカラン。1000円はドン。これはなかなか面白かった。
←「カプセルあけて。」たくさん100円玉をゲットしていました。

1/4 作り直し・・・本当はこんなものは活用したくない。

1月1日の地震で、もう一度塾生へ対処方法について編集し直してお渡しした。この書類が必要のないことが一番だ。でももしもの場合を決めておかないと、中越地震であわてた過去のことが生かされない。
@来た生徒の安全確保
A地震の後、教室に来ようとしている生徒への対応。
命の確保が第一である。

★参考までに学園長が役員をしている小池新町区は、震度4で集会所に役員集合。一斉避難するか協議→必要な場合は決められた順序で班長等に連絡→一時避難所開設→住民に呼びかけ→避難行動開始 という流れを決めている。(再確認)


NHKニュース・・・12月31日
坂田利夫さんの代表的なギャグは、「あ?りが?とさ?ん」や「あんたバカね、オホホ?」とアナウンサーが淡々と読む。訃報を伝えるのに何故か面白い。

12/30 「会いたかった 笑顔無制限」
今日の新潟日報の表題は素晴らしい表現。11文字で心を動かす。また勉強になった。


12/27 言いえて妙

3,663.3156÷76.3
途中915÷763 この立商位置で間違えて
こたえを48.102にした。
私が隣で観察「ここに1」を立てる
「ここ1」「ここ1」「カレー屋みたいな答えだね。」ツボに入った生徒は肩を震わせて笑っていた。(正解は、48.012)

12/28 塾報「かがやき」愛読者を2軒目獲得
お母様から、お手紙をいただいた。塾報は穴が開くほど読んでいると。
お子様が学校の詩の時間に作った作品が同封されていた。


★目標を高く持ち、注意している無駄な動作を減らし、積極的な練習で上達してほしいと考えます。(学園長)


12/27 平野美宇さん(卓球)から四字熟語のプレゼント
「雲外蒼天(うんがいそうてん)」とは試練を乗り越えていけば、素晴らしい結果が待っている、という意味の四字熟語。「雲外」は、雲の上・はるかかなたの空の意。「蒼天」は、青々とした空・大空の意。「雲」は様々な困難や障害を表しており、雲を抜ければ、その上には青空が見えるというニュアンス。

◆2024年元日の未曽有の災害をまるで予見?・・・被災者に対して発しているような四字熟語だ・・・「雲外蒼天(うんがいそうてん)」

12/23 保育実習で緊張してがちがちになっている君(我が娘)へ
「100点満点しか取れない問題を150点取ろうとするな。誰も君に100点以上は期待していない。君が「楽しめ」そうすればその気持ちが相手に伝わる。」父からアドバス。

≪検定試験予定≫
○第347回全国珠算学校連盟検定
令和6年3月24(日) しめきり2/26まで
検定会場 燕文化センター2階  
※暗算検定は、各教室にて実施